読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きばらしブログ

書きたい時に、書きたいだけ

牧歌的なハードボイルド

黒川博行をよみました。

 

破門 (単行本)

破門 (単行本)

 

 

馳星周にはまって一時期よく読んでいたので、黒川博行もおもしろいかと思って。

本に詳しい人からしたら、「全然ちがう!」という話だと思うんだけども…

正直、「ハードボイルド」と「ノアール」の区別がつかない私には、「ヤクザが出てくるやつやね」ということで、それで読んでみたわけです。

 

実は、『破門』の前に、短編集『左手首』を読んで、「そんなにおもしろくないな…」と感じたわけです。

でも、短編だけで判断するのもアレかと思って、もう一冊、「直木賞受賞作ならおもしろいにちがいない!」と読んでみたら本当におもしろかったです。

『左手首』だけで判断せんでよかったわ。

左手首 (新潮文庫)

左手首 (新潮文庫)

 

 

黒川博行は、登場人物のくだらなくて笑えるやりとりとかが挟み込まれていて、「ゆるゆる読める娯楽小説」。

しかも、人がそんなに死なないし、グロイ描写も少ないし、ある意味、牧歌的な雰囲気で「市井のヤクザ」っていうか。(なんじゃそりゃ)

スケールが大きくてハラハラドキドキするのは馳星周だけど、ゆるゆる楽しく読めるのは黒川博行

 

『破門』はシリーズものだそうなので、他のもよもうかな。